ハート型の鍵

セキュリティの面でも安心なスマートロック

カードキー

鍵をもたずに暗証番号で家の出入りができる電子錠のスマートロックは、大変便利です。鍵本体がいらないので紛失や家に入れなくなる心配がいりません。子育て中のお母さんは、子供を抱っこしながら大荷物を持つことが多いですが、そんな時も暗証番号の入力のみなので簡単です。便利なだけではなく、電子錠なのでセキュリティの面でも優れています。電子錠のスマートロックは、暗証番号を入力した形跡が残ります。いつ入力されたか、何回間違えたかなど、web上で確認することができるので、不審者が入ろうとした時など気付きやすいです。子供が何時に帰ったかなども分かるので安心です。暗証番号は家族以外には知られたくないです。でも、例えばベビーシッターさんやお手伝いさんがいる家は暗証番号を知らせる必要がでてきます。そんな時は、時間帯で別の暗証番号の設定をすることができるのです。例えば、平日の9時から15時まではこの暗証番号でも入れるなど、設定の仕方は様々なので、ライフスタイルに合った使い方ができます。プライベートをきちんと分けることができるのが嬉しいです。また、暗証番号で家に入れるのは格好いいですし、名前の通りスマートです。専門業者に相談して、スマートロックを検討してみましょう。

スマートロックを導入して家の安全性を高めましょう

鍵を持っているというという事は無くす心配があるという事です。その鍵を悪用されてしまうかもしれません。また鍵のトラブルで有りがちな事が、施錠のし忘れです。そういった不安を解消するのに最適な物がスマートロックと呼ばれるスマートフォンを活用した電子錠の事です。この電子錠のスマートロックを使用する事で、鍵という実物を持たないので、無くす心配や施用し忘れの防止が可能です。ドアから離れたり近づいたりするだけで施錠と開錠が出来るので荷物をたくさん持っていて施錠、開錠が大変な時にも便利です。スマホとスマートロックの通信は安全性の高いブルートゥースを採用しています。そしてドアへの取り付けも穴をあけたり、不要な工事が必要なく簡単に取り付け出来ます。そして電源は電池を使用します。約500日持つ仕様です。またお子様などスマートフォンを持たない方には、カバンなどに取り付けられるスマートロックも有ります。お子様がドアを開錠施錠した情報が親御さんに届くシステムも有りますので、安心してお子様を留守番させることが出来ます。もしもスマートロックをご検討の際は、電子錠の専門業者に相談してみましょう。専門業者なら様々なスマートロックを扱っているので比較検討してみましょう。

スマートロックの活用法での考え方

防犯対策として、スマートロックの検討もあり、準備としてスマートロックを設置するには、電子錠の専門業者に相談して、出入り口などの電子錠の導入でスマートロックを配置すれば、関係者以外の立ち入りを阻止出来て、暗証番号も関係者だけが所有することが出来て、建物や土地など第三者が侵入を防ぐ効果があり、防犯対策としての役目を果たせます。
出入り口や死角になりやすい所など、防犯カメラやスマートロックで常に監視したり、不審者の動きや行動を阻止できるセキュリティシステムを導入すれば、異常があったときに、セキュリティの会社やスマートロックの運営会社などに連絡もしておくことも必要であり、防犯意識としては、高度になっているのもあります。
公共施設や店舗、企業、個人宅や集合住宅などで、最新の防犯システムが進んでおります。また暗証番号を入力しないとゲートが開かないようになったりと、関係者以外の侵入を防ぐ効果や監視体制の強化もあり、スマートロックの需要も今後も高まっています。防犯への取り組みや安全を意識したセキュリティシステムの導入の拡大や大事な物の管理場所での導入により、電子錠のスマートロックは、社会生活には必要不可欠であり、今後の進化を遂げております。

スマートロックを新規に導入する場合の基礎知識

一戸建て住宅やオフィスなどのドアのセキュリティと利便性を高めたいときには、新規にスマートロックを取り付けるという方法があります。リフォーム時にドアの交換とセットで電子錠を取り…

スマートロック取り付け可能なドア

スマートロックは、すべてのドアに取り付けできるとは限りません。手軽に取り付けられるのですが、基本的にドアのタイプが決まっています。ドア面が平らなことと、鍵のつまみ部分がドアノ…

災害時に対応できるスマートロック

スマートロックは、災害時に対応できる電子錠でもあります。災害時などは、1秒でも早く逃げるために、ドアの鍵を開けなくてはなりません。開錠のためにスマホを用意して確認する時間も惜…

鍵かけたか忘れてしまったという不安解消にスマートロック

よりにもよって目的地に近くなってから「家の鍵をかけたか忘れてしまった」と不安になるものです。しかしどれだけ不安になっても、近くにいなければ確認することもできません。帰ることも…